伊部南大窯跡 -国指定史跡-

 国指定史跡の備前陶器窯跡は、備前市伊部地区の伊部南大窯跡、伊部西大窯跡、伊部北大窯跡の3ヵ所にあります。

 中世から壺や甕など堅牢な日曜雑器として備前焼の人気が高まり、大量生産のために大窯が築かれ、茶の湯が盛んになった桃山時代に素朴な味わいが茶人に好まれ江戸時代には最盛期を迎えました。

 JR赤穂線の伊部駅南方に位置する伊部南大窯跡は、榧原山山麓の斜面に東窯、中央窯、西窯の3基の窯跡があります。

 文部科学省・備前市教育委員会の看板には、以下のように記されています。

                 JR伊部駅からの南大窯遺跡の遠望
                 JR伊部駅からの南大窯遺跡の遠望

国指定史跡「伊部南大窯跡」

-昭和34年5月13日指定-

 

 備前焼は、平安時代の終わりごろから現在まで約千年の歴史を持つ。その最盛期に当たる桃山時代から江戸時代の様相を物語るのがこの南大窯跡である。

 南大窯跡は、北大窯跡、西大窯跡と並んで共同窯として使用されていたもので、東窯跡・中央窯跡・西窯跡の三基の窯とそれらに伴う巨大な物原(破損品や窯道具を捨てた場所)から成っている。

 最大の東窯跡は、全長約54㍍、幅約5㍍に達し、国内でも最大規模の窯跡のひとつである。

中央窯跡は、全長約30㍍、幅約2.3㍍、西窯跡は全長約31㍍、幅約2.8㍍とやや小形である。

 三基とも床面を少し掘り下げた上に天井を架けてトンネル状にした構造で、天井を支えるために土柱が設けられていた。

 この窯では、一回の焼成に薪1万5千~6千貫(約56~60㌧)を焚き、製品3万4~5千個を34~5日かけて焼いていた。

 この窯跡で焼かれていた製品は、壺・甕・擂鉢・徳利などの日常雑器類が主で、4石(約720リットル)入りの大甕のような大型品も見られる。それらの他に茶器・花器も焼かれていて、特に桃山時代の製品は美術的に高く評価されている。

平成16年2月

文 部 科 学 省

備前市教育委員会

土は生きている…

生きている土を使って

私も生きている。

  天人窯・榊原 清人

〒705-0001

 岡山県備前市伊部2523

Tel 0869-64-1582

Fax0869-64-1534

天人窯の所在地(MAP)

      ロクちゃん
      ロクちゃん