宇佐八幡宮 備前焼狛犬

備前市指定医文化財                                           

宇佐八幡宮備前焼狛犬

昭和46年10月6日指定

 

 この備前焼の狛犬は、胴回り約2.5メートル、高さ約1.4メートルである。

右側の阿形には「文政九丙戌年九月吉日 備前窯元 森五兵衛尉正統」

左側の吽形には「伊部細工人 森五兵衛正統 服部章兵尚芳」と刻銘されている。

また台座には天保五年(1934)、前川氏が寄進したと刻まれている。

 ちなみに宇佐八幡宮は、建武三年・延元元年(1336)に、足利尊氏が多々良浜(福岡)の戦いで大勝し、九州制覇ができたのは、豊前の宇佐八幡宮に参籠して、武運長久を祈願したおかげだと、勧請し足利の守護神にしようとした。しかし帰路、おおしけに遭い、神のお告げで、潟神村(片上村・現備前市)に祀ることとし、富田松山の麓に祀った。

 その後、応永元年(1394)には、和鹿林山(若林山)に勧請、更に正保三年(1646)、現在地に遷宮したもので、十万石の格式が与えられていたお宮である。

備前市教育委員会

土は生きている…

生きている土を使って

私も生きている。

  天人窯・榊原 清人

〒705-0001

 岡山県備前市伊部2523

Tel 0869-64-1582

Fax0869-64-1534

天人窯の所在地(MAP)

      ロクちゃん
      ロクちゃん